【結果発表】イクオスとフィンジアを独自比較!意外な結末!?

数ある育毛剤の中でもトップの座を競う、イクオスとフィンジア。

どちらにも魅力があって1つに決められない人も多いのではないでしょうか。

そこで独自に検証!

イクオスとフィンジアの魅力を探っていきましょう。

イクオスとフィンジアを比較!おすすめなのはどっち?

イクオスとフィンジアで悩んでいるのなら、2つを比較するのが一番。

お互いの細かい魅力に関しては後に触れていくことにして、まずは大きな特徴で比較してみましょう。

パッと見ただけで判断できる!?イクオスとフィンジアの差が一目瞭然

イクオスとフィンジアを簡単に比較してみましょう。

イクオス フィンジア
単品価格 9,698円 12,800円
定期の価格(1本あたり) 5,980円 9,980円
返金保証期間 45日間 30日間

上記の表でみると、価格、保証期間においてイクオスが圧倒的に有利だと判断できますね。

成分や育毛効果は?イクオスはフィンジアよりいいの?

イクオスとフィンジアの成分についてはどうでしょうか。

イクオス フィンジア
有効成分
キャピキシル
ピディオキシジル
配合成分数 61種類 14種類

配合している成分の数はイクオスが勝っていますが、成分や効果に関してはパッと見で判断はできません。

実は、イクオスは医薬部外品、フィンジアは化粧品(スカルプエッセンス)と、別の分類になります。そのため配合成分が異なるんですね。

イクオスとフィンジアのどちらがいいのかは、やはり内容を比較してみないと判断できないようです。

イクオスのフィンジアにない強み(メリット)とは?

イクオスのフィンジアとの最大の違いは、医薬部外品として許可されているということ。

そのためフィンジアが配合することの出来ない、有効成分を配合することができるのが強みとなっています。

この有効成分というのは、厚生労働省が抜け毛予防・育毛促進・薄毛効果を認めている成分のこと。なんとイクオスには3種類も配合されているんですよ。

イクオスの魅力、それだけではないんです。

業界初!イクオスの新成分にフィンジアは負けるのか?

育毛業界に新成分を投入したイクオス。

その新成分が「アルガス-2」です。

毛包を育てる効果が期待できるM-034成分と、再生能力の高い海藻成分ペルベチアカナリクラタを独自の処方で凝縮して作られた成分となっています。

効果も魅力的なのですが、すごいのは効果を実感するまでのスピードが早いこと。

イクオスVSキャピキシル配合商品VSミノキシジル配合商品では、イクオスが一番早く効果を実感できたというデータもあるほどです。

数だけじゃない!?内容でもイクオスはフィンジアを上回る?

配合されている成分数は圧倒的にイクオスの方が多かったですよね。61種類というのは育毛業界でもトップクラスの数です。

でも注目したいのは数だけではありません。

魅力的なのは、配合されている成分のうち脱毛を抑制する成分の割合が多いということ。

というのも、男性の抜け毛の主な原因がDHT。これを何とかしなくては育毛ケアになりませんから、イクオスは脱毛抑制成分をたくさん配合しているんですよね。

フィンジアのイクオスにない強み(メリット)とは?

フィンジアは化粧品=スカルプエッセンスという分類になります。

そのため有効成分は配合できませんが、その代わりに世界的にも話題となっている育毛成分を配合しています。

この配合成分、甘く見てはいけません。

成分の質・威力共にトップレベルなんですよ。

濃度で勝負!?フィンジアのキャピキシル効果はイクオスを超える!?

フィンジアといえば注目したいのが、キャピキシル。

イクオスに配合されている成分と同じように抜け毛を予防できるほか、育毛も期待できる成分となっています。

その効果については、ミノキシジルと比較して負けないほどの実績データを残すほど。

様々な商品がキャピキシルの実力の高さに注目しているのですが、5%と高い配合率を実現しているのはフィンジアくらいなんですよ。

フィンジアは主力成分2つで勝負!イクオスはお手上げ!?

フィンジアには有能な成分キャピキシルが5%も配合されているほか、ピディオキシジルという成分が2%配合されています。

ピディオキシジルとは、ミノキシジルから副作用のリスクを取り除き改良した成分。浸透力も高い成分です。

この2%というのも、高い配合率。

キャピキシル5%+ピディオキシジル2%という2大濃厚成分で、髪の毛の高い育毛効果が期待できるのです。

【イクオスvsフィンジア】重要!成分の浸透力対決

いくら有効成分を配合していても、頭皮で漂っているようじゃ意味がありません。

毛を育成する根元まで成分を浸透させる力が必要です。

そこで、イクオスとフィンジア、成分の浸透能力はどちらが長けているのでしょうか。

ナノレベルVS浸透成分!イクオスとフィンジアの浸透能力は?

イクオスの有効成分をより深く浸透させるために工夫されているのが、低分子ナノ水の使用。

これにより毛包や毛乳頭に直接成分を浸透させることができるようになっています。

フィンジアがより成分を奥深く浸透させるために配合しているのが、カプサイシン。

地肌が柔らかくなり毛穴が開くという原理を応用し、有効成分を届けられるようになっています。

イクオスとフィンジアの方法は異なりますが、共に浸透力は期待できそうですね。

【あなたはどっち?】イクオスをおすすめしたい人はこんな人!

イクオスとフィンジアの魅力を紹介してきました。

様々な点において違いが目に見えてきましたが、成分数や配合成分で好きな方を選んではいけません。

やはり人によって向き不向きはあるものです。

そこでイクオスでのケアが向いている人の特徴をまとめてみたいと思います。

該当項目をチェック!イクオス・フィンジアどっち向き?

イクオスをおすすめしたい人はこんなタイプ。

イクオスが向いている人
  • 厚生労働省が認めている有効成分配合の育毛剤を使いたい
  • 育毛ケアの中でも抜け毛防止に特化したい人
  • 育毛業界革命!新成分「アルガス-2」を試してみたい
  • 育毛剤とサプリメントでWケアしたい
  • リーズナブルに継続していきたい
といったところでしょうか。

イクオスの魅力はやっぱり配合成分数。その分、脱毛抑制成分も多く配合されていますからね。抜け毛に悩んでいる人はイクオスがおすすめです。

もちろん血行促進・育毛促進成分も配合しているので、総合的な育毛ケアも期待することができますよ。

【あなたはどっち?】フィンジアをおすすめしたい人はこんな人!

フィンジアとイクオスの大きな違いは、医薬部外品か化粧品かであること。フィンジアは化粧品に分類されるため、有効成分は配合していません。

この点をネックに思うかもしれませんが、それは違います。

何に特化して作用していくのかが違うだけなのです。

では、フィンジアはどのようなタイプの人に向いているのでしょうか。

なるほど!イクオスかフィンジアにするかはここをチェック!

フィンジアが向いている人はこんなタイプ。

フィンジアが向いている人
  • 世界中で話題!「キャピキシル」の効果を試したい
  • 医薬部外品育毛剤の使用経験があるが、効果が実感できなかった
  • 保有しているサプリにあう育毛剤を探している
  • 育毛ケアの中でも髪の毛を育てることに特化したい
このような点があげられます。

フィンジアの魅力は、キャピキシルとピディオキシジルの2大成分。この主力成分が得意としているのは、髪の毛を育てること。

そのため脱毛予防ではなく育てるケアがしたい人に向いているのです。

成分数はイクオスに劣りますが、各成分がハイスペックで上質!もちろん抜け毛防止成分も配合していますので、安心してくださいね。

迷ったらこれもあり!?イクオスとフィンジアを併用してしまおう!

イクオスとフィンジアの特徴を踏まえ、向いている人のタイプまでピックアップしてきました。

それでも決められない人、抜け毛もケアしたいし髪の毛の育毛もしたい、なんて人も多いかもしれませんね。

そんな場合は、イクオスとフィンジアを併用してしまいましょう。

朝はイクオスで夜はフィンジア、なんて使い方をしている人も結構おられるようです。両方の良いとこ取りができて、いいかもしれませんよね。

併用ってナイスアイディア!イクオスとフィンジア以外でもいいの?

迷った時は、「併用」も1つの案として紹介しましたが、併用する場合に気を付けなくてはいけない点が2つあります。

1点目は、併用をおすすめするのは、イクオスとフィンジアの組み合わせに限るということ。医薬品の発毛剤と育毛剤の併用はおすすめできません。

2点目は、イクオスとフィンジアを購入するためコストが高くなるということ。

一度に支払うコストはもちろん、育毛は長期にわたってケアする必要があるため出費が多くなるでしょう。

併用の場合は、特にコスト面についてよく考えてから始めるようにしましょう。

【結論】イクオスvsフィンジア!どちらかに絞るならどっち?

イクオスとフィンジアの併用も選択肢の1つですが、やっぱりコスト面も含め1つに決めて集中的にケアするのがおすすめです。

イクオスとフィンジア、どちらがおすすめなのか。

ズバリ「イクオス」です。

その決断に至った理由を紹介しましょう。

決定打!フィンジアよりイクオスを選びたくなる理由

イクオス推しである理由は4つ。

イクオスを勧める理由
  • 数ある育毛剤の中でも脱毛因子ブロック成分の配合NO.1
  • 効果を厚生労働省が認めている有効成分でケアができる
  • 併用するサプリメントの品質がいい
  • 育毛剤&サプリセットでも月額料金が8,000円以下
この条件がそろっている限り、イクオスはやめられないですね。

髪の毛が育てられても抜けてしまうと意味がないですし、育毛に関しては質のいいサプリメントでカバーが可能。

長い目で育毛ケアしていくのであれば、やっぱりコストパフォーマンスの良さも重要なポイントになりますよね。

どちらかに決めるなら、イクオスがおすすめですよ。

忘れちゃいけないサプリの存在!イクオスとフィンジアに決着がつく!?

イクオスとフィンジアを様々な方向から検証してきましたが、どちらも魅力がありましたよね。

簡単にまとめると、発毛・育毛に特化して毛を増やしたいと思えばフィンジア。総合的に育毛ケアしつつ強い脱毛効果が欲しい人はイクオスを選ぶでしょう。

ただ、育毛剤とセットで使う人の多いサプリメントの存在を忘れてはいけません。

イクオスは、「イクオスサプリEX」というかなり質のいいサプリメントを出しているんです。

そして驚くことに、イクオス+イクオスサプリの価格がフィンジアの最安値価格より安いんです。

こうなると軍配はイクオスに上がっちゃいますよね。

結論、イクオスとサプリのセット購入がおすすめということになりそうです。